Team: Consulting

  1. StoreFront Scalability Update

    Overview It’s been a while since we’ve published scalability numbers on StoreFront, so I wanted to broadcast an update for 3 reasons: A ton has changed from two years ago since we last did testing on StoreFront 2.0 (Planning Guide here) More and more customers are now migrating from Web Interface to StoreFront We have made some interesting discoveries and the Community has the right to know!   Receiver for Web ...

    Read More

  2. XenMobile Timeouts: How Do They Work?

    Before we get too far in, you may be wondering how this article is going to be any different than a few of the other articles that are out there on XenMobile timeouts. Fair question and I’m glad you asked! Articles like this one that explain how the various NetScaler/MDX timeouts work and this one by my colleague Albert on how the inactivity timer works have been ...

    Read More

  3. XenApp/XenDesktop Site Design (v2015)

    blueprint

    Introduction A couple years ago, I wrote an article called "XenApp Farm and Zone Design," which was based on the IMA architecture and was specific to XenApp, as the article's name implies. This is, essentially, "Part 2" of that article, so if you haven't had a chance to read the first one (or you can't remember what I was arguing in that article), then please go ...

    Read More

  4. Making the Citrix License Server (Truly) Highly Available

    Citrix License Server

      I'll begin by saying that this solution is certainly not for everyone.  It adds complexity.  It creates additional management overhead.  It requires NetScaler integration and mildly advanced networking skills.  We have never publicly documented the solution before this week.  But it is absolutely the only bulletproof solution for making our License Server (LS) truly highly available in an active/active fashion without any downtime. And while we ...

    Read More

  5. Receiver for Web – Configuration Tool

    receiverthumb

    If you’re one of those Citrix administrators who have spent years managing Web through the MMC snap-in, there is a strong possibility that you might feel very lost when migrating to StoreFront.  Especially if you desire to customize or configure it. That’s why Feng Huang posted some amazing articles about Receiver for Web 2.0, Receiver for Web 2.5 or Receiver for Web 2.6 .  His posts are focused ...

    Read More

  6. Citrix Technology Short #2

    Rintalan_Nick

    Similar to my inaugural "short", here are some things happening in my Citrix world that I believe are worth sharing with the Community: I am still waiting for an email from Shawn Bass explaining why 6 seconds is an acceptable amount of response time. ;) Speaking of Shawn, Helge Klein and Aaron Parker teamed up to write a nice 5 part series on folder redirection (and how ...

    Read More

  7. Site Wide View of HDX Graphics Modes

    PowerShell logo

      Some time ago I wrote an article covering the “HDX encoding methods” or HDX graphics modes in XenDesktop 7, a topic which has recently been expanded on in another great article found here which really delves into policy settings and additional recommendations and I recommend them both as background reading to this post. In fact I will not be covering any of the details surrounding ...

    Read More

  8. Size Matters: PVS RAM Cache Overflow Sizing

    Fragmented vDisk

    With the introduction of RAM cache with overflow to hard disk (introduced in PVS 7.1, hotfix required), IOPS can be almost eliminated and has therefore become the new leading practice. However, this feature can have a significant impact the write cache sizing. This stems from the difference in how the write cache storage is allocated with this new option. To understand this feature and how ...

    Read More

  9. Citrix Commentary on VMware’s Latest RDSH Scalability Whitepaper

    iStock_000034801374_Small

    I have sort of been waiting for this - after all, it's been almost a year since our friends in Palo Alto announced Remote Desktop Session Host (RDSH) capabilities with Horizon (their XenApp-like product if you're not familiar).  But a couple weeks ago, they finally published some performance and sizing "best practices." And since I have done a lot of performance and scalability testing with TS/RDS/XenApp ...

    Read More

  10. 仮想デスクトップの災害対策のポイント(クラウド編、アクセスレイヤー)

    以前「仮想デスクトップの災害対策」と言うエントリを書いたのですが、コンサルティングの案件の中で、災害対策(DR) を行う先のデータセンターをオンプレミスとして用意するのではなく、Amazon Web Services ( AWS ) 等のクラウド上に配置するケースも増えてきました。 例えば、10000 ユーザー規模の仮想デスクトップの DR 環境であれば、物理サーバーだけでも100 台を越えることもあり、電源は落としておいたとしても、それだけのリソースを常時確保するだけで大きな投資となります。 DR を考える上では、災害の想定を検討する必要がありますが、データセンター自体は破壊されずに、電力のみが停止するような被害を想定すると、DR 環境を利用するのはプライマリのデータセンターの電力が復旧するまでとなり、結果として、一ヶ月や二ヶ月程度の利用にとどまり、投資額に対して使用されている期間が短いと考えられます。 逆に、データセンター自体が物理的に破壊されるような災害を想定した場合は、DR 先のデータセンターがその後のプライマリとなり、元のデータセンターへの切り戻しを想定しないことも考えられます。 前者の場合、サーバーについては従量課金のパブリッククラウドを利用することで、平常時のコストは最小限に抑えることができ、逆に後者の場合は高くつく可能性があります。 このエントリでは、DR 環境はパブリッククラウド上に配置し、通常時は使用しない、もしくは最小構成で稼働する、というシナリオを想定し、検討のポイントを整理したいと思います。 以下ではアクセスレイヤーについてまとめます。このレイヤーの定義については、前回エントリも併せてご確認いただけますと幸いです。   ■アクセスレイヤー オンプレミスとクラウドの場合で大きく違うのがアクセスレイヤーです。 通常の社内の環境や外部から、どうやってクラウドの環境にアクセスするかを検討する必要があります。 ・ポイント:クラウド環境へのアクセス クラウド上に NetScaler アプライアンスを展開し、クライアントは NetScaler Gateway 経由で接続する クラウドとオンプレミス環境間で Site to Site VPN 接続を行い、クライアントは既存のインフラ経由でクラウドに接続する クラウドとオンプレミス環境間で直接接続を行い、クライアントは既存のインフラ経由でクラウドに接続する AWS の場合は、AWS Marketplace で NetScaler の仮想アプライアンスが提供されています。それを使うことで NetScaler Gateway を構成できます。NetScaler Gateway を用いることで、ユーザーは一度 VPN に接続し、それから仮想デスクトップに接続、と言った二度手間を避けながらセキュアなアクセスを行うことができます。   残りの二つのパターンはクラウド環境とオンプレミス環境を接続し、その経路を用いてアクセスするものです。   AWS では Marketplace で CloudBrdige 仮想アプライアンスも提供されています。これを使うことで、CloudBridge を用いた Site to Site VPN の構成を行うことができます。AWS では VPC 自体も Site to Site VPN の機能を持ち、また、その他のパブリッククラウドも通常 IPsec などを用いてクラウド環境に VPN 接続することが可能ですので、オンプレミスのデータセンターと接続し、既存のインフラ経由で接続する構成が取れます。 クラウド事業者の中には既存データセンターとの直接接続を提供している場合も多くあります。そのような場合には、通常のデータセンターと同様に接続が可能です。 ただし、これらの場合は、 案1 の NetScaler Gateway ...

    Read More