Team: Consulting

  1. ローカル/リモートを意識させないアプリケーションエクスペリエンスの最適化

    先般、XenApp 7.6 がリリースされました。 6.5 時代の多くの機能が復活しており、個人的にはこれまでの 7.x リリースの中で最も”XenApp らしい"製品だと思っています。 XenDesktop の VDI も有力なソリューションですが、集約率や既存 UI(最近はモバイルも)との親和性といった点では XenApp に一日の長があり、用途に合わせた使い分けを考えていくのが最近では当たり前となっています。 これまでの 7.x リリースでは、IMA から FMA へのアーキテクチャ変更に伴ってやや XenDesktop 色が強く出ている側面がありましたが、7.6 ではそうした箇所もかなり改善され、適材適所のデスクトップ仮想化を実現する環境が整ってきたと言えるでしょう。 現場でどんどん採用が進んでいくことを期待したいところです。   ■XenApp 対応を進める上での課題と「残留」アプリケーション ところで、既存のアプリケーションの XenApp 対応を計画し実行する際には、用途や端末戦略にもよりますが、原則としてなるべく多くのアプリケーションを XenApp の公開アプリケーションとして配信することを目指すのが基本となります。 そうすることで、端末の種別やライフサイクルと切り離し、アプリケーション本来のライフサイクルを中心に投資を計画することができるようになるからです。また、アプリケーション更新に伴うクライアントソフトウェアやミドルウェアの配布運用を省力化する効果も期待できます。 ただ、よく知られているように、古いアプリケーションや内製アプリケーションの中には、XenApp と必ずしも親和性が高くないものがあります。RDS(旧ターミナルサービス)セッションではそもそも正常に動作しないものから、プログラムに多重起動チェックが含まれているもの、ユーザープロファイル以外の箇所に一時ファイルを直接書き出す仕様のものなど、実に様々なケースが存在し、我々コンサルタントが現場で頭を悩ませるところでもあります。最終的には、あれこれの手を駆使して稼働に持って行くのですが(AppDNA や実機検証を通じて、あらかじめリスク判別したり、結果を元にアプリケーション開発チームを巻き込んでおくことも大事な一手です)、中には DVD プレイヤーのように、リモートアプリケーションとして使用すると突出して帯域を必要とするアプリケーションや、仮想化に適さない特殊なデバイスを使用しているため、そもそも XenApp で配信しない方がよい、またはできないアプリケーションが存在します(このほか、利用ユーザー数が1~2名のアプリケーションや、TV 会議など、必ずしも XenApp 配信「する必要がない」アプリケーションもあります。まずは徹底したヒアリングと仕分けから入るのが、手戻りを避けるコツです)。 こうしたアプリケーションは、いわゆる「残留」組として、端末側に残していくことになるのですが、単純に残すだけではエンドユーザーの使用感に不都合が生じる場合があります。 ファットクライアントを中心に、一部のアプリケーションだけを XenApp 配信するユースケースであれば問題は少ないのですが、シンクライアントや、既存ファット PC のシンクライアント化を前提としたユースケースの場合は、「ローカル」アプリケーションと「リモート」アプリケーションを区別して別々の起動方法を使い分けるのか、という問題が生じます。先の例で言えば、DVD プレイヤーはスタートメニューから、その他のアプリケーションは Receiver の画面から選択する、ということになります。いかにも面倒であり、なるべくどちらかに統一したいというのがエンドユーザーおよび 運用担当者の本音でしょう。ただ、Windows 端末だけで全ての業務をこなしていた時代は変わりつつあり、タブレット等のモバイルデバイスや自宅の Macの存在を前提とすれば、Receiver を中心とした「企業アプリケーションストア」のインターフェイスの方が望ましいケースの方が今は多いと思います。   それでは、どうすれば「ローカル」と「リモート」を、ひとつの Receiver インターフェイスに統合することができるのでしょうか。   ■Receiver  からのローカルアプリケーション起動 幸い、XenApp/XenDesktop 7.x のアクセスコンポーネント(Citrix StoreFront。Citrix Receiver と協働して認証と UI を提供します)には、端末ローカルのアプリケーションを、Receiver の画面から起動する機能が用意されています。 これにより、エンドユーザーはそのアプリケーションがローカルなのかリモートなのかを特に意識することなく起動することができます。端末を起動した後、エンドユーザーは Receiver の画面にアクセスしさえすれば、必要な全てのアプリケーションにアクセスできるようになるわけです。運用担当者にとっても、ユーザーの使い方が画一化されているぶん混乱が少なくなり、ユーザーコールを減らすメリットを期待できます。    図1:Receiver 上でのローカル/リモートアプリケーションの一元アクセス   この機能の設定方法は、比較的単純です。XenApp の公開アプリケーションには という設定項目がありますが、ここに、以下の文字列を含めることで設定します。   KEYWORDS: prefer=<(ローカルアプリの)ショートカット名にマッチする文字列>   これだけです。 公開アプリケーションをエンドユーザーがサブスクリプション(利用登録)する際、指定した文字列にマッチしたショートカットが端末側に既に存在するかどうかが判定され、存在する場合には、StoreFront は XenApp ...

    Read More

  2. Provisioning Services Failover: Myth Busted!

    PVSFailover

    For a long time if you asked many experts in the field how long it takes for a Provisioning Services (PVS) server to failover, many would have cited an old case study where it took 8 minutes to failover approximately 1500 VMs. This was quite long ago and much has changed over the years so we wanted to see if failover time still plays a ...

    Read More

  3. Design Guidance for XenApp & XenDesktop 7.6: Updated Virtual Desktop Handbook

    XenApp and XenDesktop 7.6 include a lot of exciting new features and enhancements. For a complete overview check out the following links – On-Demand Webinar – What’s New in XenApp and XenDesktop 7.6 (Dan Cote) Blog – FAQ from the What’s New in XenApp and XenDesktop 7.6 Webinar (Carisa Stringer) Blog – The New Citrix XenApp and XenDesktop 7.6 is Available (Dan Cote) Blog – Making XenApp and XenDesktop ...

    Read More

  4. XenApp / XenDesktop 7.xへバージョンアップする際のポイント

    Windows Server 2003 のサポート終了が迫っている事は最近のホットな話題です。 弊社旧来製品のCitrix Presentation Server(CPS)やバージョン6.5以前のXenApp Server (旧XenApp) を運用されているお客様にとっても避けては通れない話題です。 すでにこれらのシステムの 「 バージョンアップが決定している 」、 「 バージョンアップの検討中 」、 「 提案中 」 などのアクションを起こされているお客様やSIer様も多いのではないでしょうか。 今回は既存の CPS や 旧XenApp から XenApp / XenDesktop 7.x へバージョンアップする際のポイントをいくつか挙げたいと思います。   1.アーキテクチャの違いを理解する ここでは敢えて詳細には触れませんが、 XenApp / XenDesktop 7.x はアーキテクチャや管理ツール等が統合されシンプルなインフラ構成で実現することが可能です。旧来の製品では XenApp と XenDesktop 別々の管理ツールで管理を行っていましたが、 一元的に管理が可能となり 、 更には クラウド環境への展開や、 Citrix HDX 機能強化により動画や 3D コンテンツ等の品質と性能が向上、 セッション事前起動、 残留セッション機能等のアプリケーションやデスクトップ アクセスに関する機能も強化されています。 参考 : http://www.citrix.co.jp/products/xenapp/whats-new.html http://support.citrix.com/proddocs/topic/xenapp-xendesktop/nl/ja/xa-xd-library-wrapper.html?locale=ja   CPS や、 旧XenApp に慣れ親しんだ方は多いと思います。 しかしながら、 XenApp / XenDesktop 7.x は、 上述のとおり、 これらの製品とはアーキテクチャが異なります。 現在使用している製品の機能と XenApp / XenDesktop ...

    Read More

  5. Game on! Citrix invests in a partner-led services game plan

    Citrix has drafted a strong team of channel partners. Just as a quarterback is critical to moving the ball forward, delivering services well is the winning play for partners and Citrix to accelerate growth. Citrix Solution Advisors are being asked by customers to deliver more and more services across Citrix product lines. A recent survey conducted by Partner Services within Citrix Worldwide Consulting & Education showed ...

    Read More

  6. Citrix Virtual Desktop Handbook – Printing

    Printing has traditionally been one of the more challenging areas of VDI and SBC projects for reasons such as third-party drivers, challenging network conditions and employee mobility. The good news is that Citrix XenApp and XenDesktop provides the features you need to be successful. Citrix Consulting recently updated the printing section of the Virtual Desktop Handbook (Design / Resource Layer / Personalization / Printing) with ...

    Read More

  7. デスクトップ仮想化の試験ケース

    こんにちは、シトリックス ・ システムズ ・ ジャパン の内林です。 私が所属する部署はコンサルティングサービス部といい、私もコンサルタントという肩書でお客様先にお伺いしています。 お客様のデスクトップ仮想化プロジェクトに参加し、マスタースケジュールを確認させていただく際に、お客様のマインドは環境構築に向いているのですが、要件定義や、業務の移行に関するタスクには目が向けられていないことがよくあります。 デスクトップ仮想化 のゴールは、単純にユーザーのデスクトップが仮想環境で稼働していることではなく、その上で業務を滞りなく遂行できるようにすることだと考えています。そういう意味では最終的なシステムの成功・失敗はユーザー業務の実現性で計るのがベストだと思っています。   今回ですが、そういう経験を踏まえまして、デスクトップ仮想化の試験に対する考え方を一般的なV字モデルに当てはめ見直してみたいと思います。 一般的なV字モデル   V字モデルはデスクトップ仮想化という観点ではなく一般的なITプロジェクトでも広く用いられていると思いますが、デスクトップ仮想化に割り当てたときの流れと位置づけは以下のようになります。   1. 単体試験 コンポーネント単体での動作確認という位置づけです。デスクトップ仮想化にはいろんなコンポーネントから成り立っていますので、それを個別に機能確認していくステージです。 詳細設計書や設定値のパラメーターシートを元にテストケースを抽出していきます。   2. 結合試験 ネットワークやストレージなど各コンポーネント間連携・システム間連携などを確認するステージです。ユーザーからみたログインの流れなどシステムとしての正常性を確認していくための試験を行います。 基本設計書からテストケースを抽出していきます。   3.システムテスト システムテストのテストケースは要件定義から洗い出し、ユーザーの業務が実現できているかを確認するのがゴールです。 要件定義書は、上流の分析(アセスメント)フェーズで作成されます。このフェーズでは新環境で新たに実現したい項目や現在のシステム・ビジネス課題をお聞きし、現在の 業務・環境を分析し、全体的な方向性を決めます。特に業務ユースケースが洗い出されているのが望ましいです。 例として、 「お客様先にリモート端末を持参してビデオを見せる」、「定型用紙に帳票印刷する」という形で、各業務が「○○する」という表現でリストアップされていると、「新環境でもリモート端末でお客様に伺った後、すぐにデモビデオを見せることができる」、「帳票印刷してきちんと枠内に印刷できる」という試験につなげられます。こういったヒアリングや取りまとめを行うのはとても重要なことだと考えます。 逆にいうと、業務主体の試験がないまま、ユーザーに引き渡してしまうと、ユーザーの不満・クレームにつながってしまい、システム提供側・利用者側双方にとって好ましくない結果となります。それを防ぐためには、要件定義の段階でなるべくユーザー側に対しても詳しくヒアリングを行い、このシステムテストのフェーズでユーザー側も納得のできる業務確認ができるのがベストだと考えます。   まとめ デスクトップ仮想化のプロジェクトは、バックグラウンドの基盤構築に視点がおかれがちですが、必ずユーザーの業務のやり方が変わる側面を持ち、そこに強く注意を向ける必要があります。そのため、プロジェクトの成否はユーザー業務向けのシステムテストが大きなウェイトをしめます。 そのシステムテストのテストケースは要件定義および現状分析から抽出されますので、要件定義および現状分析が他の分野のプロジェクトにもまして重要です。「要件定義」や「現状分析」を重要なタスク、必要なスケジュールと位置づけできるかでプロジェクトの成否は大きく変わってくると考えます。     実際の要件定義や現状分析はどうやるのかといった相談を受けることもあります。大きなテーマなので、なかなかこういった場でご紹介するのは難しいですが、シトリックスでは具体的な要件定義・分析から設計シミュレーションを行うようなトレーニングを行っています。 CXD-400:Designing App and Desktop Solutions with Citrix XenDesktop 7(設計コース) CCE-Vという最上位資格の準備コースにもなっており、資格の取得を目指す方にもおすすめできる内容です。 興味がございましたら、こちらもご検討ください。   シトリックス ・ システムズ ・ ジャパン株式会社 コンサルタント 内林卓  

  8. Never Fear! Find XenDesktop Support Structures Here!

    You assessed your use cases, identified your requirements, designed a solution, and finished your build. Congratulations! You are closer than ever to rolling out a new system that will help your company work better and live better. But you may be wondering, “What is the best way to support our new Citrix environment?” The Citrix Worldwide Consulting team has recently released a new chapter of the ...

    Read More

  9. The Death of IOPS – Part 2

    I sort of cheated since there isn't a "Part 1" with this exact same title, but I have my reasons for changing the title and this is partly why I'm writing this second article about the same topic.  The first article is entitled "Citrix Puts Storage 'On Notice'" and can be found here.  In case you haven't had a chance to read it yet, I talked ...

    Read More

  10. Citrix Puts Storage ‘On Notice’!

    That's right - we just put storage throughput and IOPS officially "on notice"!  And in turn (whether we really meant to or not), we made every storage company that got into business over the last ~6 years (since we introduced VDI) to solve the dreaded IOPS problem think twice.  Citrix just threw down the gauntlet and it means we can finally stop talking about IOPS. ...

    Read More