Product: XenApp

  1. Schedule a XenApp & XenDesktop Health Check-up: Start During PoC

    image001

    IT managers often say “let us not fix tickets as they come in, let us resolve the issue before the users are aware of it.” Without the right tools, what ends up happening is that IT staff is always in “firefighting” mode, overwhelmed by user complaints and trying to decode the log files from a complex environment which appears as a “black box”. When large VDI deployments are being ...

    Read More

  2. Receiver for iOS 6.0 Now Available with Framehawk Support!

    Citrix Receiver for iOS 6.0 is now available on the iOS App Store. This new release includes some great new capabilities: Framehawk support to improve the user experience on broadband wireless connections for users on the corporate network; Derek Thorslund provides a comprehensive overview of Framehawk here. 64-bit support for enhanced performance on supported devices Fixes to reported issues including improvements to address X1 Mouse issues In addition, you might ...

    Read More

  3. XenDesktop & XenApp 7.6: Transforming the HealthCare Experience & Strengthening ISV Partnerships

    XD 7.6 blog image

    If you’ve followed the Citrix story and our presence in healthcare, you’re probably fully aware on how our solutions provide seamless secure access to critical applications and patient data access. Citrix healthcare mobility solutions empower physicians and nurses to instantly access clinical systems, data and care coordination tools – from any workstation or their device of choice. By enabling quick and seamless access to PHI from ...

    Read More

  4. Get the Most Out of Your Citrix XenDesktop Deployment with All-Flash Pure Storage

    storage

    Are you currently evaluating or considering a XenDesktop solution to enable your mobile workforce? Or has your VDI deployment been stalled due to slow infrastructure or costly and complex storage configurations? Pure Storage, an industry leader in All-Flash arrays, can help bring your VDI project to life by delivering superior end-user desktop performance, simplified management, and lower storage costs. Join us for this informative webinar and learn ...

    Read More

  5. Get the Latest XenApp Migration Information and FAQs!

    A little over a week ago, Dan Feller and I hosted a webinar on XenApp 7.6 Upgrade Planning. During that webinar we covered the latest information on migrating to XenApp 7.6 Feature Packs, as well as the XenApp 6.5 Feature Pack 3. We walked through some of the latest migration tools, like Citrix AppDNA for application compatibility testing and Project Serenity for exporting XenApp 6/6.5 policies ...

    Read More

  6. XenDesktop / XenAppグラフィック ディープダイブ

    Citrix TechDay 2015ご参加いただきありがとうございました。 私が担当しましたXenDesktop / XenAppグラフィック ディープダイブのフォローアップです。 前半部分でお話させていただいたまとめは XenApp/XenDesktopはOSとクライアントの組合わせで転送モードが異なる(SuperCodec、DCR、互換コーデック) 不要なエアロやDirect3Dのハードウェアアクセラレーションは無効にするかエクスペリエンス重視ならHDIの導入の検討 従来のグラフィックモードはWindows 7/2008R2のサーバースケーラビリティ向上には最適だが2012/R2はこれから 1.デフォルトの転送モードについて デスクトップコンポジションリダイレクト(DCR):デスクトップOSでWindows/Macクライアントの場合 デスクトップコンポジション(エアロ)をクライアントのGPUでレンダリングします。その他の画像はサーバーでレンダリングされJPEG圧縮で転送します。画質はポリシーで設定できます。クライアントやネットワークリソース使用に注意が必要です。クライアントのGPUが利用できない場合はSuperCodecになります。 SuperCodec:クライアントがiOS/Android/HTML5/Chromebook/H.264のデコードに対応しているシンクライアントの場合 サーバーでレンダリングされた画像をH.264で圧縮して転送します。動画に関して帯域が最適化されます。テキストを検知してロスレスで送信します。サーバーのCPUリソースとクライアントCPUもしくはH.264のデコードチップが必要です 互換モード:クライアントがH.264のデコードに対応していない古いシンクライアントなどの場合 クライアントがH.264をデコードできない場合は互換モードとなりJPEG圧縮で転送されます。 2.不要なエアロやDirect3Dの無効化の検討 エアロ(Windows 7)の無効化 デスクトップコンポジション(エアロ)はアプリ毎のグラフィックメモリを用意しDesktop Windows Manager(DWM)がそれぞれのアプリケーションのグラフィック領域を管理することによって、3Dフリッピングやアプリウィンドウのサムネイル表示などの視覚効果を高める機能が利用できます。ただし仮想環境ではサーバーリソースやクライアントリソースを消費するので注意が必要です。Windows 7においてエアロが不要であればOSのDWMのサービスを無効化してください。ただし、Windows 8や2012/R2ではDWMを無効化できません。  Direct3Dの取り扱い デスクトップOSの場合Citrix WDDMドライバがインストールされます。このドライバはDirect3Dが有効になり、仮想環境ではCPUを使ってレンダリング処理されます。最近のアプリはデフォルトでDirect3D処理されるようになっているものも多く、仮想環境ではパフォーマンスネックになることがあります。この場合はアプリの設定でグラフィックアクセラレーションを無効にすることを検討してください。VDAのレジストリでの無効化も可能です。またHPのMoonshotを使えば物理GPUによりDirect3D処理ができパフォーマンスが向上します。 3.従来のグラフィックモード 従来のグラフィックモードはXenDesktop 5.x/XenApp 6.x互換のグラフィックモードです。SuperCodec(H.264)での圧縮は特にモバイル通信環境での帯域削減やパフォーマンス向上が期待できますが、サーバークライアントリソースを消費します。このモードにすることでサーバースケーラビリティを向上させ、クライアントリソース消費を抑えることができます。Windows 7/2008R2で有効ですWindows 8では有効になりません。 Windows 2012/R2でも従来のグラフィックモードが有効ですが、現状最適化がされておらず、サーバスケーラビリティの点で有効ではありません。今後Thinwire+という技術で2012環境においても従来のグラフィックモードを最適化を行い、古いシンクライアントなどを有効活用できるようにする予定です。 Thinwire+は現在Tech Previewが利用可能です。 ちなみに当日展示コーナーでのFramehawkのデモはこちらです。→Framehawk demo    

  7. Let’s Talk About Adobe Flash … and HTML5 Video

    Adobe_Flash_Player

    Over the past year, we've made quite a commitment to enhancing HDX Flash Redirection to help customers struggling with server-side video rendering consuming large amounts of CPU, reducing server scalability, and ultimately degrading the user experience.  The culmination of this effort from our support, engineering and lifecycle teams resulted in a “one-stop shop” CTX article: Flash Redirection Compatibility CTX136588, which is constantly updated by our teams to provide customers ...

    Read More

  8. 2014年国内市場シェアNo.1!! 11年連続です!

    昨年もブログにて取り上げましたが、今年も大変うれしいニュースがあります。 今月IDC Japanから発行された「国内システムソフトウェア市場 2014年の分析と2015 年~ 2019年の予測」によると、シトリックスは2014年国内バーチャルクライアントコンピューティング市場においてトップシェアベンダーとなりました。これは2014年度の売上実績(IDC Japan調べ)に基づく結果で、またシトリックスの国内シェアは2004年からの同趣旨の調査開始以来、11年連続で第1位です。この11年連続トップシェアという結果は、シトリックスの国内デスクトップ仮想化市場における揺るぎない優位性が証明されているものといえます。 IDC Japanの調査レポートでは、総合的なデスクトップ仮想化全般をまとめたカテゴリと、その構成要素となる代表的なサブカテゴリのシェアも確認することができます。 国内バーチャルクライアントコンピューティング市場ベンダー別 売上額実績 日本で販売しているXenAppおよびXenDesktopが該当する総合的なデスクトップ仮想化技術のカテゴリで、シトリックスが安定した優位にあります。ひとつの実現方式で全社員に最適なデスクトップおよびアプリケーション環境を実現することは困難であり、コスト、管理性、ユーザー体験などの視点から複数の方式を提供するシトリックスのアプローチがこの結果に結びついています。           モバイル、PC、専用端末など、どんなデバイスでも、どんなネットワークやクラウドでも、必要なデスクトップ、アプリケーション、データにアクセスできることが、シトリックスが提供するモバイルワークスペースであり、XenApp、XenDesktopはその中心的な製品です。エクスペリエンス、セキュリティ、フレキシビリティを軸に様々な機能強化で、今年もXenApp、XenDesktopはさらに進化し続け、より快適でセキュアな仕事環境を提供していきます。引き続き、アプリケーション・デスクトップ仮想化を含め、モバイルワークスペースは、シトリックスにお任せください。 ※出典: IDC Japan, 2015年7月「国内システムソフトウェア市場 2014年の分析と2015年~2019年の予測」(J15380103)

  9. Seamless Failover Between Sites with Melio and NetScaler

    Melio 2

    Melio, a new addition to the Citrix portfolio, provides high availability of data and workloads such as XenDesktop and XenApp. Customers can scale out and achieve high availability in one datacenter, or across multiple active-active geo-distributed datacenters. Melio is an enterprise storage and data virtualization platform. It extends the benefits of virtualization to the storage layer (by decoupling data from physical storage) in much the same way that server virtualization decouples the ...

    Read More

  10. A Tale Of Two Consultants

    Xena Warrior Princess

    It was the best of times, it was the worst of times… Actually, it’s just the best of times for @CitrixPartners. This is the story of two consulting companies. One is a Citrix Solutions Advisor (Xena Systems) and the other (Legacy Consultants), well, isn’t. You see, back at Microsoft's World Partner Conference, Citrix announced that we would provide AppDNA for FREE to our CSA partners for use in Windows ...

    Read More