Product: XenApp

  1. Should I upgrade from XenApp 7.5 to XenApp 7.6?

    After delivering the XenApp 7.6 Upgrade webinar I received a few questions asking if it is a good idea to upgrade from XenApp 7.5 to XenApp 7.6. My first reaction is, "Of course you should. Why wouldn't you?"   But I'm a little biased J You need to ask yourself if the new features within XenApp 7.6 are important enough to upgrade. Look at the following subset of features and ...

    Read More

  2. XenApp 6.5 to 7.6 Migration: Selectively Importing Applications

    The XenApp 6.5 to XenApp 7.6 Migration Tool consists of a series of easy to use PowerShell Scripts These export Farm and Policy data from XenApp 6.5 to XML files. These XML files are then imported via script into an existing XenDesktop 7.6 site. The scripts are available from the XenApp 7.6 product download page, you will have to login with an appropriate Login ID in ...

    Read More

  3. Updating Database Connection Strings in XenDesktop 7.x

    A while ago I did a post about updating connection strings for mirroring. Since then, I've had other requests for connection string manipulations. So I'm going to pull them into one post with an update for 7.6, Availability Groups and script updates. XenDesktop 7.6 XenDesktop 7.6 introduced the Analytics Service which also needs its db connection string updating. The service is responsible for sending information back to ...

    Read More

  4. ローカル/リモートを意識させないアプリケーションエクスペリエンスの最適化

    先般、XenApp 7.6 がリリースされました。 6.5 時代の多くの機能が復活しており、個人的にはこれまでの 7.x リリースの中で最も”XenApp らしい"製品だと思っています。 XenDesktop の VDI も有力なソリューションですが、集約率や既存 UI(最近はモバイルも)との親和性といった点では XenApp に一日の長があり、用途に合わせた使い分けを考えていくのが最近では当たり前となっています。 これまでの 7.x リリースでは、IMA から FMA へのアーキテクチャ変更に伴ってやや XenDesktop 色が強く出ている側面がありましたが、7.6 ではそうした箇所もかなり改善され、適材適所のデスクトップ仮想化を実現する環境が整ってきたと言えるでしょう。 現場でどんどん採用が進んでいくことを期待したいところです。   ■XenApp 対応を進める上での課題と「残留」アプリケーション ところで、既存のアプリケーションの XenApp 対応を計画し実行する際には、用途や端末戦略にもよりますが、原則としてなるべく多くのアプリケーションを XenApp の公開アプリケーションとして配信することを目指すのが基本となります。 そうすることで、端末の種別やライフサイクルと切り離し、アプリケーション本来のライフサイクルを中心に投資を計画することができるようになるからです。また、アプリケーション更新に伴うクライアントソフトウェアやミドルウェアの配布運用を省力化する効果も期待できます。 ただ、よく知られているように、古いアプリケーションや内製アプリケーションの中には、XenApp と必ずしも親和性が高くないものがあります。RDS(旧ターミナルサービス)セッションではそもそも正常に動作しないものから、プログラムに多重起動チェックが含まれているもの、ユーザープロファイル以外の箇所に一時ファイルを直接書き出す仕様のものなど、実に様々なケースが存在し、我々コンサルタントが現場で頭を悩ませるところでもあります。最終的には、あれこれの手を駆使して稼働に持って行くのですが(AppDNA や実機検証を通じて、あらかじめリスク判別したり、結果を元にアプリケーション開発チームを巻き込んでおくことも大事な一手です)、中には DVD プレイヤーのように、リモートアプリケーションとして使用すると突出して帯域を必要とするアプリケーションや、仮想化に適さない特殊なデバイスを使用しているため、そもそも XenApp で配信しない方がよい、またはできないアプリケーションが存在します(このほか、利用ユーザー数が1~2名のアプリケーションや、TV 会議など、必ずしも XenApp 配信「する必要がない」アプリケーションもあります。まずは徹底したヒアリングと仕分けから入るのが、手戻りを避けるコツです)。 こうしたアプリケーションは、いわゆる「残留」組として、端末側に残していくことになるのですが、単純に残すだけではエンドユーザーの使用感に不都合が生じる場合があります。 ファットクライアントを中心に、一部のアプリケーションだけを XenApp 配信するユースケースであれば問題は少ないのですが、シンクライアントや、既存ファット PC のシンクライアント化を前提としたユースケースの場合は、「ローカル」アプリケーションと「リモート」アプリケーションを区別して別々の起動方法を使い分けるのか、という問題が生じます。先の例で言えば、DVD プレイヤーはスタートメニューから、その他のアプリケーションは Receiver の画面から選択する、ということになります。いかにも面倒であり、なるべくどちらかに統一したいというのがエンドユーザーおよび 運用担当者の本音でしょう。ただ、Windows 端末だけで全ての業務をこなしていた時代は変わりつつあり、タブレット等のモバイルデバイスや自宅の Macの存在を前提とすれば、Receiver を中心とした「企業アプリケーションストア」のインターフェイスの方が望ましいケースの方が今は多いと思います。   それでは、どうすれば「ローカル」と「リモート」を、ひとつの Receiver インターフェイスに統合することができるのでしょうか。   ■Receiver  からのローカルアプリケーション起動 幸い、XenApp/XenDesktop 7.x のアクセスコンポーネント(Citrix StoreFront。Citrix Receiver と協働して認証と UI を提供します)には、端末ローカルのアプリケーションを、Receiver の画面から起動する機能が用意されています。 これにより、エンドユーザーはそのアプリケーションがローカルなのかリモートなのかを特に意識することなく起動することができます。端末を起動した後、エンドユーザーは Receiver の画面にアクセスしさえすれば、必要な全てのアプリケーションにアクセスできるようになるわけです。運用担当者にとっても、ユーザーの使い方が画一化されているぶん混乱が少なくなり、ユーザーコールを減らすメリットを期待できます。    図1:Receiver 上でのローカル/リモートアプリケーションの一元アクセス   この機能の設定方法は、比較的単純です。XenApp の公開アプリケーションには という設定項目がありますが、ここに、以下の文字列を含めることで設定します。   KEYWORDS: prefer=<(ローカルアプリの)ショートカット名にマッチする文字列>   これだけです。 公開アプリケーションをエンドユーザーがサブスクリプション(利用登録)する際、指定した文字列にマッチしたショートカットが端末側に既に存在するかどうかが判定され、存在する場合には、StoreFront は XenApp ...

    Read More

  5. Citrix Service’s Americas Sales Team Update

    Introducing the Newest Members of our Services Sales Team Ft. Lauderdale, Florida Due to increase demand for direct services from Citrix and our desire to inform both customers and partners of all service options, we have expanded the services sales to support that demand. As we enter the 4th Quarter and Holiday season for 2014, the team has grown to 40 enthusiast specialists that are passionate about our customers ...

    Read More

  6. Lower Hosted Services Overhead, Speed Desktops-as-a-Service Implementation Time With Insight from Citrix Summit Service Provider Sessions

    Does your managed services provider business aim for faster hosted services go to market with less implementation and support time? Would you like to increase the margin around Desktops-as-a-Service by streamlining backend processes and designing a more scalable service?  Both of these goals may be achievable with the technical staff you have in place today! Teams can learn how at Citrix Summit. Learn the details about ...

    Read More

  7. Sandbox. Sessions. Labs. Dive in. The Summit Session Catalog is live!

    10442121985_f694b1c2ba_q

    The Summit Session Catalog is live! Start building your schedule now: this year’s catalog has a record number of breakout and technical sessions, and the hands-on labs including the Solutions Demo Sandbox offer more intensive training than ever. Everything has been tailored to your role and organized by content type, to give you the strongest start possible in the new sales cycle. Let’s dive in ...

    Read More

  8. Manage the unmanageable! Our chief security strategist tells you how [Webinar]

    Lady at Coffee Shop

    Register Now! Managing the Unmanageable: A webinar overview of security with virtualization, containerization and secure networking. *If you are unavailable on October 30, please register. We’ll send an on-demand link after the event. If you’re concerned about control over the sensitive data Especially data that is subject to governance and regulations on unmanaged devices, please plan to join Kurt Roemer, Citrix chief security strategist, on October 30. Kurt will present a webinar ...

    Read More

  9. Compare Citrix XenDesktop vs VMware Horizon – Infrastructure Upgrades

    After we released XenApp / XenDesktop 7.6 a few weeks ago, many customers and partners are now working on upgrading their existing Citrix infrastructures. While upgrading my lab environment I realized that this common infrastructure management task is a vital aspect that gets overlooked quite often when evaluating desktop and application virtualization solutions.   Typically every 6 – 12 months, Citrix and VMware release a new version of the ...

    Read More

  10. The Secret Behind Kindred Healthcare’s M&A Integration (that Every Healthcare CIO Should Know)

    healthcare1

    The recent news that Kindred Healthcare and Gentiva Health Services will merge into the largest post-acute provider in the U.S. got me thinking about one of the most valuable (but least discussed) outcomes of a centralized, virtualized approach to IT services – faster M&A integration. Why? Because Kindred shared this exact story with Citrix in 2011. Every business executive and CIO knows that mergers and acquisitions are cumbersome ...

    Read More