Product: NetScaler

  1. Citrix XenServer: How to Access XenStore Information, from a Windows Guest VM, Using WMI Interface

    WMIthumbnail

    A while ago I wrote a Knowledge Base article (CTX136426) documenting the Windows Management Instrumentation (WMI) available in XenServer to transfer data between the hypervisor and an operating system within a VM such as a XenDesktop or XenApp VD. I still frequently get enquiries on our SDK forum that are basically looking to see if such an interface exists so I’m republishing my article here ...

    Read More

  2. Making the Citrix License Server (Truly) Highly Available

    Citrix License Server

      I'll begin by saying that this solution is certainly not for everyone.  It adds complexity.  It creates additional management overhead.  It requires NetScaler integration and mildly advanced networking skills.  We have never publicly documented the solution before this week.  But it is absolutely the only bulletproof solution for making our License Server (LS) truly highly available in an active/active fashion without any downtime. And while we ...

    Read More

  3. iPhone 6 Plus Generates 2X the Data of iPhone 6

    mobiledatathumb

    The latest Citrix Mobile Analytics Report reveals the fact that subscribers using an iPhone 6 consume the highest data volume of all iPhone-owning subscribers and double the volume of iPhone 6-owning subscribers. Advice to those seeking to upgrade to an iPhone 6 Plus: your data plan bill is about to get bigger! Enterprises that support BYOD policies and underwrite or allow employees to expense their data ...

    Read More

  4. Citrix Technology Short #2

    Rintalan_Nick

    Similar to my inaugural "short", here are some things happening in my Citrix world that I believe are worth sharing with the Community: I am still waiting for an email from Shawn Bass explaining why 6 seconds is an acceptable amount of response time. ;) Speaking of Shawn, Helge Klein and Aaron Parker teamed up to write a nice 5 part series on folder redirection (and how ...

    Read More

  5. For Service Providers, Citrix and Cisco are a Solid Combination

    citrixciscothumb

    For service providers, scalability is important to serve growing clients, plus expand the volume of customers supported in a Desktops-as-a-Service (DaaS) environment. Service providers using the solid combination of Citrix and Cisco technologies find their multi-tenant environments can scale quickly, easily and economically. A joint Citrix and Cisco cloud services environment delivers high levels of performance and service to end users who look for complete ...

    Read More

  6. Webの変革、常時SSLにどう対応する?

    避けられないWeb SSL化の流れ 今年から来年にかけて、webアクセスの姿が大きく変わろうとしてきています。 HTTPからHTTPSへ、常時SSLの流れは避けられないものとなってきました。 大きな理由は2つです。 1. 検索エンジン大手 Google がSSLを検索のシグナルに採用 (2014年8月) 出典:http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/08/https-as-ranking-signal.html 2. 米国のセキュリティ関連の非営利団体  ISRGによるSSL証明書の無料配布 (2015年夏) 出典:https://letsencrypt.org/ インターネットでビジネスを行うイーコマースはもちろんのこと、BtoB、BtoCのビジネスにおいても、検索エンジン、つまりオーガニックサーチ(自然検索)で上位になることは、ビジネス上の重要課題となっています。 実際、BtoBにおける顧客の購買行動の第一段階である情報収集(認知)の段階において70%を越えるウエイトを占めているのは、web検索で行われています。それだけwebマーケティングはビジネスを推進する上での重要な要素となっています。 セキュリティ強度とパフォーマンスはトレードオフ 常時SSLの背景には、セキュリティの問題が挙げられます。近年よく耳にする標的型攻撃、Web改ざん、情報流出などはセキュリティが課題であることを露にしています。 またセキュリティには、単純なものから複雑なものまで多く存在します。従って、ただ導入すればいいというわけではなく、その強度も重要な課題となってきます。 次に考えなければならないのはセキュリティの強度を高くした場合の副作用です。薬も同じですが、強い薬を飲めば、より症状を緩和させるなど良いこともありますが、同時に副作用も存在します。 では、セキュリィ強度を高くした場合の副作用は何でしょうか?それは、パフォーマンスの低下です。暗号化の鍵長が長くなれば長くなるほど、暗号化、複合化の処理に負荷がかかります。実際、1024bit と2048bit を比較した際、2048bitでは5倍~30倍の処理能力が必要になり、約80%のパフォーマンスの低下が見られます。このようにセキュリティ強度とパフォーマンスはトレードオフの関係といえます。 サーバーのSSL処理を肩代わりするロードバランサー 近年のサーバーの性能の向上により、パフォーマンスをそこまで意識しないという傾向もあります。SDN/NFVという概念も、そういったサーバーのパフォーマンス向上で享受できるテクノロジーであると考えられます。一方で、ハードウェアは必要ないかというとそういう訳ではありません。例えば、サービスプロバイダーのコアにはASIC処理をするルーターは変わらず使われつづけています。つまり、ハードウェアですべきところと、ソフトウェアで提供できるところの見極めが必要になってきます。 話をSSLに戻すと、SSLの処理もサーバーではなく、サーバーの手前に配置するSSL アクセラレータ(ハードウェアチップ)を持つ、ロードバランサー、ADCで実装することができます。そうすることにより、パフォーマンスの低下でサーバーを増設することなく、SSLの処理だけをロードバランサーに"オフロード"することができます。 SSLに強いロードバランサーとは? では、どのロードバランサーを選ぶべきなのか、考慮すべきところは2点です。一つは、SSLのキャパシティ。つまりSSL のハードウェアチップを何枚搭載しているかというところです。当然多ければ多いほど良いわけですが、価格にも跳ね返ってきます。もう一つの考慮点は、最適化されたオペレーティングシステムです。搭載されたSSLチップを効率良く使う為には、優れたオペレーティングシステムは必要になります。Citrix NetScaler では、SSLに最適化した一つのOSを全てのモデルで採用しており、競合他社と比較しても類似モデルで2倍から3倍のパフォーマンスを発揮します。Citrix NetScalerについての詳細は、関連資料で紹介しています。 ------------------------------------------------------------------------------------------ 関連資料 NetScaler製品情報 2048bit SSL 実装のベストプラクティス F5 VIPRIONとCitrix NetScalerでSSL鍵長2048 bit 処理能力を比較 NetScaler MPX8010特価キャンペーン

  7. Citrix at Cisco Live Milan 2015

    citrixciscothumb

      Another successful event by Cisco, Cisco Live Milan 2015 was a large gathering of partners and customers and technologists. Opening keynote, technology keynotes, breakout sessions and case studies – the conference was full of activity and learning opportunity. The world of solutions expo had tons of demos and exhibits that showcased the latest technology of Cloud, Data centre and Enterprise networks.   There Were Three Important Topics ...

    Read More

  8. How to Deploy NetScaler Insight Center with Policy Based Routing

    netscalerthumb

    Would you like to deploy Insight Center within your network and gather data about the ICA traffic that doesn't go via NetScaler Gateway? How about having the ability to direct only certain servers or clients via Insight? In this post I’m going to explain how.   What is “Routing” and How Does it Work? The "IP" portion of TCP/IP is a layer 3 protocol that is sent over a ...

    Read More

  9. Workload Balancing (WLB) – XenDesktop and XenApp – Use Cases!

    Pool Health Overview Tab

    A few days ago I blogged about the new version of XenServer Workload Balancing 6.5 and highlighted some features that I thought were particularly interesting for XenDesktop and XenApp users to explore. In my last blog (which you can read here), I covered how the recent release of a new version of XenServer 6.5 and a new version of WLB adds more functionality, a better ...

    Read More

  10. JPEG Compression – Recognising The Artefacts to Help Tune HDX for XenDesktop and XenApp

    Left JPEG'd text; Right: lossless

    Citrix HDX and HDX 3D Pro technologies use a multitude of compression technologies and codecs to support an enormous range of hardware, end-points, operating systems and network connections for XenDesktop and XenApp. Our technologies are adaptive so most of the time you will be unaware if we are changing technologies under-the-hood to support your particular systems, application usage and network conditions. The administrator has control ...

    Read More