Product: NetScaler

  1. What beta users have to say about Citrix NetScaler 10.5

    Here at Citrix, we just wrapped up the beta program for NetScaler 10.5 and got some great feedback from our beta users, whose contributions help improve our products for everyone. The NetScaler beta program is an opportunity for our customers and partners to experience the software and features of the NetScaler software before General Availability (GA). Beta participants are able to give direct feedback to engineering ...

    Read More

  2. [Webinar] NetScaler Master Class – August Series

    Date: Aug 6, 2014 | 2:00 PM BST Hosted by: Citrix What you will learn Welcome to the Citrix NetScaler Master Class. At these live webinars you will learn about the most critical elements of cloud infrastructures and enterprise datacenter architectures. Get details on latest features of NetScaler, tips and tricks for easy configuration, and interact with our NetScaler product experts. Agenda NetScaler 101 - TCP Profiles In the Spotlight - NetScaler 10.5 ...

    Read More

  3. Sprechen Sie Citrix? New Citrix User Group for German Speakers Launches!

    cudg

    The DCUG (Deutschsprachige Citrix User Group / Germanspeaking Citrix User Group) is now online! The website can be reached at www.dcug.de / www.dcug.at and www.dcug.ch.   Independent community Citrix enthusiast Roy Textor has launched a new user group covering Switzerland, Germany and Austria and anyone in the world who’d like to join in with German language information. We hope this group for customers, partners and anyone interested in ...

    Read More

  4. Citrix Drives Success For Microsoft SPLA Partners Adding Hosted Mobile Workspaces

    Meeting Microsoft SPLA partners who are ready to go beyond RDS and deliver a true hosted mobile workspace is a highlight of Microsoft Worldwide Partner Conference. Adding Citrix desktop and app virtualization, mobile device management, file share and synch plus tenant self-provisioning is an exciting prospect for service providers who recognize the Desktops-as-a-Service market is hot—and getting hotter. Delivering a true business-ready desktop is a ...

    Read More

  5. A look at the new features in NetScaler Gateway 10.5

    Citrix has come out with the next major release 10.5 for NetScaler and NetScaler Gateway products. There are a lot of new and exciting features in 10.5 release, for a complete list of the what’s new, please refer the link. In this blog, let us look into the NetScaler Gateway specific features in this release. NetScaler Gateway is a secure remote access solution for all your ...

    Read More

  6. Mobility Experts: Restrict XenMobile Device Manager Admin Web Console Access From Internet When Deployed in SSL Offload Mode

    This post is from the Mobility Experts team, providing you with technical how to's, tips, and guides around specific use-cases. Please be sure to share any feedback in the comments and share this post to anyone who might benefit! When XenMobile Device Manager is deployed in SSL Offload Mode, with NetScaler Offloading SSL traffic to the XenMobile Device Manager Server(s). With the below steps you will ...

    Read More

  7. XenMobile Bandwidth

    Overview So how much bandwidth is required for a typical XenMobile user?  More specifically, how much bandwidth does each Android or iOS device consume when running WorxMail?  Great question!  That's precisely what I'll attempt to answer in this article...and "it depends" isn't good enough when you're trying to size WAN links or buy NetScaler boxes for a future XenMobile Enterprise deployment (NOTE: NetScaler is not typically ...

    Read More

  8. It’s all about ‘people centric security’ at Gartner Security Summit 2014

    Screen Shot 2014-07-07 at 5.04.28 PM

    Are you ready for the next generation digital business? With an audience of top security practitioners, risk management was the focus of preparations for the next generation digital enterprises (and governments) at this year's Gartner Security and Risk Management Summit opening keynote, which took place June 23-26, 2014. With great change upon us, Gartner analysts were focused on 'people centric security' and said there is ...

    Read More

  9. Citrix Expands Service Provider Revenue at Microsoft Worldwide Partner Conference

    Next week at Microsoft Worldwide Partner Conference, Citrix will share insight about the growing Desktops-as-a-Service market, the success of Citrix Service Provider partners, and the unique potential for service providers who align with Citrix to grow hosted services revenue. Citrix has a tremendous story around hosted services. For the past few years, the focused Citrix Service Provider program has grown to offer a broad range of ...

    Read More

  10. 仮想デスクトップの災害対策のポイント

    ここ数年、コンサルティングのプロジェクトで仮想デスクトップの要件をお伺いする際に、データセンターを冗長化しての災害対策(DR: Disaster Recovery)が要件の中に含まれることが多くなってきました。単純な Active / Standby の構成のみならず、複数のデータセンターを Active / Active の構成として使用する要件も多くあります。 こういった構成は、ストレージによるサイト間でのレプリケーション機能が身近なものとなってきていることと、NetScaler などのGSLB機能のように、データセンター間でのネットワークロードバランシング技術も普及してきたために、簡単に導入できる段階になってきています。このエントリでは下図に示す、仮想デスクトップの構成要素のレイヤーごとに、導入を成功させるための重要な検討のポイントを整理したいと思います。 仮想デスクトップの災害対策全体アーキテクチャー   アクセスレイヤー アクセスレイヤーの Active / Active 化は実はそれほど難しくありません。ここでの主な検討のポイントはアクセスポイントを単一化するか否かです。 ポイント1:アクセスポイントの単一化 単一アクセスポイント DC ごとのアクセスポイント アクセスポイントを単一化する場合、ユーザーはどのデータセンターにアクセスするかを意識しません。たとえばそれが、https://desktop.citrix.com のような URL だとすると、desktop.citrix.com を名前解決する際に、GSLB の機能などを用いてユーザーからネットワーク的に近いデータセンターのアクセスポイントのIPを返し、アクセスさせることができます。 そこまではいらない、という場合はデータセンターごとにアクセスポイントを用意することになります。たとえば、接続元端末に東京と大阪のアクセスポイントへのショートカットを用意しておき、ユーザーに使い分けてもらう、といった方法です。 参考:Active/Active GSLB for XenDesktop – A Practical Approach (Part1)   コントロールレイヤー コントロールレイヤーではユーザーのデスクトップがどこに存在するかを探し、ラウンチする役割を持ちますが、アクセスレイヤーの設計によってその構成がほぼ決まります。 つまり、アクセスポイントが単一であれば、アクセスポイントから複数のデータセンターの XenDesktop / XenApp コントローラーに接続する構成となり、データセンターごとに持つのであれば、必ずしもその必要はありません。 ポイント2:コントローラーの指定 単一の StoreFront から両方のデータセンターの XenDesktop / XenApp コントローラーを指定 単一の StoreFront から所属データセンターの XenDesktop / XenApp コントローラーのみ指定 両方のデータセンターを登録する場合、アクセスポイントがどちらであっても、デスクトップが存在するデータセンターに接続できます。たとえば、大阪のアクセスポイントに接続したユーザーが東京に使用可能なデスクトップがあるのであれば、そちらが返ってきます。 この場合、該当ユーザーが使えるリソースとして、同じリソース(仮想デスクトップや公開アプリなど)が返って来る構成にすることもできます。その際に StoreFront 側の制御で、ユーザーグループ単位でどのデータセンターのリソースを使うかどうかの制御が可能です。どちらも使ってもよい、という場合はランダムにアクセスさせることもできます。たとえば、下図のような構成の場合を想定した場合、 ユーザー1が所属するグループの権限に応じ、データセンターAの XenDesktop / XenApp Controller からはデスクトップとアプリケーションとして Excel、SAP が返ってきて、BからはExcel、SAP が返ってきます。その際、Excel と SAP はどちらのデータセンターのものも使えることになりますので、その制御方法を設定することができます。たとえば、Excel はどちらを使ってもよい(ランダム)、SAP はプライマリとしてデータセンターAでダメならBを使う、という指定ができます。 参考:Building modular XenDesktop infrastructures ...

    Read More