Product: AppDNA

  1. ローカル/リモートを意識させないアプリケーションエクスペリエンスの最適化

    先般、XenApp 7.6 がリリースされました。 6.5 時代の多くの機能が復活しており、個人的にはこれまでの 7.x リリースの中で最も”XenApp らしい"製品だと思っています。 XenDesktop の VDI も有力なソリューションですが、集約率や既存 UI(最近はモバイルも)との親和性といった点では XenApp に一日の長があり、用途に合わせた使い分けを考えていくのが最近では当たり前となっています。 これまでの 7.x リリースでは、IMA から FMA へのアーキテクチャ変更に伴ってやや XenDesktop 色が強く出ている側面がありましたが、7.6 ではそうした箇所もかなり改善され、適材適所のデスクトップ仮想化を実現する環境が整ってきたと言えるでしょう。 現場でどんどん採用が進んでいくことを期待したいところです。   ■XenApp 対応を進める上での課題と「残留」アプリケーション ところで、既存のアプリケーションの XenApp 対応を計画し実行する際には、用途や端末戦略にもよりますが、原則としてなるべく多くのアプリケーションを XenApp の公開アプリケーションとして配信することを目指すのが基本となります。 そうすることで、端末の種別やライフサイクルと切り離し、アプリケーション本来のライフサイクルを中心に投資を計画することができるようになるからです。また、アプリケーション更新に伴うクライアントソフトウェアやミドルウェアの配布運用を省力化する効果も期待できます。 ただ、よく知られているように、古いアプリケーションや内製アプリケーションの中には、XenApp と必ずしも親和性が高くないものがあります。RDS(旧ターミナルサービス)セッションではそもそも正常に動作しないものから、プログラムに多重起動チェックが含まれているもの、ユーザープロファイル以外の箇所に一時ファイルを直接書き出す仕様のものなど、実に様々なケースが存在し、我々コンサルタントが現場で頭を悩ませるところでもあります。最終的には、あれこれの手を駆使して稼働に持って行くのですが(AppDNA や実機検証を通じて、あらかじめリスク判別したり、結果を元にアプリケーション開発チームを巻き込んでおくことも大事な一手です)、中には DVD プレイヤーのように、リモートアプリケーションとして使用すると突出して帯域を必要とするアプリケーションや、仮想化に適さない特殊なデバイスを使用しているため、そもそも XenApp で配信しない方がよい、またはできないアプリケーションが存在します(このほか、利用ユーザー数が1~2名のアプリケーションや、TV 会議など、必ずしも XenApp 配信「する必要がない」アプリケーションもあります。まずは徹底したヒアリングと仕分けから入るのが、手戻りを避けるコツです)。 こうしたアプリケーションは、いわゆる「残留」組として、端末側に残していくことになるのですが、単純に残すだけではエンドユーザーの使用感に不都合が生じる場合があります。 ファットクライアントを中心に、一部のアプリケーションだけを XenApp 配信するユースケースであれば問題は少ないのですが、シンクライアントや、既存ファット PC のシンクライアント化を前提としたユースケースの場合は、「ローカル」アプリケーションと「リモート」アプリケーションを区別して別々の起動方法を使い分けるのか、という問題が生じます。先の例で言えば、DVD プレイヤーはスタートメニューから、その他のアプリケーションは Receiver の画面から選択する、ということになります。いかにも面倒であり、なるべくどちらかに統一したいというのがエンドユーザーおよび 運用担当者の本音でしょう。ただ、Windows 端末だけで全ての業務をこなしていた時代は変わりつつあり、タブレット等のモバイルデバイスや自宅の Macの存在を前提とすれば、Receiver を中心とした「企業アプリケーションストア」のインターフェイスの方が望ましいケースの方が今は多いと思います。   それでは、どうすれば「ローカル」と「リモート」を、ひとつの Receiver インターフェイスに統合することができるのでしょうか。   ■Receiver  からのローカルアプリケーション起動 幸い、XenApp/XenDesktop 7.x のアクセスコンポーネント(Citrix StoreFront。Citrix Receiver と協働して認証と UI を提供します)には、端末ローカルのアプリケーションを、Receiver の画面から起動する機能が用意されています。 これにより、エンドユーザーはそのアプリケーションがローカルなのかリモートなのかを特に意識することなく起動することができます。端末を起動した後、エンドユーザーは Receiver の画面にアクセスしさえすれば、必要な全てのアプリケーションにアクセスできるようになるわけです。運用担当者にとっても、ユーザーの使い方が画一化されているぶん混乱が少なくなり、ユーザーコールを減らすメリットを期待できます。    図1:Receiver 上でのローカル/リモートアプリケーションの一元アクセス   この機能の設定方法は、比較的単純です。XenApp の公開アプリケーションには という設定項目がありますが、ここに、以下の文字列を含めることで設定します。   KEYWORDS: prefer=<(ローカルアプリの)ショートカット名にマッチする文字列>   これだけです。 公開アプリケーションをエンドユーザーがサブスクリプション(利用登録)する際、指定した文字列にマッチしたショートカットが端末側に既に存在するかどうかが判定され、存在する場合には、StoreFront は XenApp ...

    Read More

  2. 25 reasons for a service provider to join the Citrix Service Provider program

    25 reasons to join Citrix Service Provider Program for hosting desktops, apps, mobile device management and file share and synch

    Why would a managed services provider, hosting provider or telco choose the Citrix Service Provider Program to expand business? There are a host of sales, marketing, and technical benefits associated with the Citrix Service Provider program that service providers will find immediately valuable.  It’s the 25th birthday of Citrix Systems, so in honor of 25 years of Citrix, here are 25 of our favorite Citrix Service ...

    Read More

  3. How do service providers price Desktops-as-a-Service offerings?

    Citrix Service Provider

    The Desktops-as-a-Service market is growing – and more managed service providers, web hosters and traditional telcos are showing interest in aligning with Citrix to drive DaaS adoption in a variety of businesses.  One of the top questions new partners ask when entering the DaaS business is “what price should I charge for Desktops-as-a-Service?” Expanding a Managed Services Practice with Hosted Desktops-as-a-Service Microsoft SPLA partners who once just ...

    Read More

  4. Transform your organization for BYOD Success with Citrix Mobility Solutions

    Citrix BYOD Solutions

    It’s no longer a secret that the consumerization of IT is here to stay, so you may as well embrace it. You may not want to admit it, but you already have a few “outlaws” in your organization who are using their own devices, regardless of whether you allow them to or not. In fact, you probably have entire departments accessing email, apps and data ...

    Read More

  5. Top 5 Questions from Citrix Service Provider Technical Office Hours – September 2014

    Citrix Service Provider Technical Office Hours

    Citrix Service Provider Technical Office Hours enable Citrix Service Providers to share tough – or basic – technical questions with Citrix experts. Via GoToWebinar, service providers around the globe have direct access to Citrix experts from engineering, architecture, product management, technical sales, product marketing, the Citrix Service Provider Program team and the Citrix Solutions Lab. Current Citrix Service Provider partners can view the full webinars under ...

    Read More

  6. Mobility, Cloud and the End User Computing Message at VMworld

    The California Gold Rush of 1849 brought rapid growth to San Francisco.  150 years later, a different type of prospecting is luring people to the Bay Area.  Last  week, I attended my first VMworld conference in San Francisco with other members of the Citrix team expecting to take in the latest VMware view of the familiar topics of mobility, cloud and end user computing. In three ...

    Read More

  7. Imitation is never as good as the original

    mobile-workspace-thumb

    At Citrix, we love competition, both internally and externally. While all companies want to be king of their kingdom, the reality is that competition makes us all better – it is great for our customers, partners and ourselves. However, imitation and competition are two very different things. When it comes to technology, one keeps the market standing still, while the other pushes it forward. It ...

    Read More

  8. 5 Marketing Tips for Citrix Service Providers to Drive Desktops-as-a-Service Adoption

    Citrix Service Providers are reaching new audiences interested in replacing IT management with Desktops-as-a-Service—a cloud-based, full scale, business-ready desktop.  Businesses of all sizes want to stop worrying about day-to-day IT headaches - server upgrades, new application downloads, OS upgrades, viruses and malware – and instead go back to growing their business. Reaching these audiences is critical. Citrix helps service providers market Desktops-as-a-Service in many ways – ...

    Read More

  9. Highlighted Support Articles – June 2014

    Citrix Support is committed to providing updated and accurate information to our consumers. We are focused on ensuring there is relevant content to assist you in managing your environment. Find below the Citrix Knowledge Center Highlighted Articles for June 2014 .     Highlighted Desktop Virtualization Articles CTX132102   Troubleshooting Process for Printing Issues with Auto-creation CTX131481 Recommended Install Order for Preparing Target Device CTX127239 How to Enable Special Pool Tagging for a Driver CTX117805 How ...

    Read More

  10. Sprechen Sie Citrix? New Citrix User Group for German Speakers Launches!

    cudg

    The DCUG (Deutschsprachige Citrix User Group / Germanspeaking Citrix User Group) is now online! The website can be reached at www.dcug.de / www.dcug.at and www.dcug.ch.   Independent community Citrix enthusiast Roy Textor has launched a new user group covering Switzerland, Germany and Austria and anyone in the world who’d like to join in with German language information. We hope this group for customers, partners and anyone interested in ...

    Read More